両虎相闘えば勢い倶に生きず(読み)りょうこあいたたかえばいきおいともにいきず

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうこ【両虎】 相闘(あいたたか)えば勢(いきお)い倶(とも)に生(い)きず

両虎が戦えば、どちらかが倒れる。二人の勇者が戦えば、必ず一方は倒れる、また、ともに倒れることをいう。両虎争う其の時は必ず一虎死す。〔史記‐藺相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

両虎(りょうこ)相(あい)闘(たたか)えば勢(いきお)い倶(とも)に生(い)きず

《「史記藺相如伝から》強い者どうしが戦えば、必ず一方が倒れる、または両者ともに倒れるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android