コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藺相如 りんしょうじょLin Xiang-ru; Lin Hsiang-ju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藺相如
りんしょうじょ
Lin Xiang-ru; Lin Hsiang-ju

中国,戦国時代の政治家。初め趙の繆賢 (ぼくけん) の家来であったが,昭王が 15城をもって趙の恵文王が所持していた名玉,楚の「和氏の璧 (へき) 」と交換したいと要求してきたので秦に使いし,その謀略をはね返して無事玉を守った。また秦王と趙王の会にあたっても,趙の立場を守りきったので上卿となり,名将廉頗 (れんぱ) より上席となった。しかし剛直な廉頗は彼を軽侮した。これに対し藺相如はあえて逆らわず,私闘を避けて国家の安泰を願ったので,のちにこれを知った廉頗が謝罪し,親交を結んだという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りん‐しょうじょ〔‐シヤウジヨ〕【藺相如】

中国、戦国時代の政治家。恵文王に仕え、和氏(かし)の璧(たま)を城15と交換するためにに使したが、秦の昭王の策謀を見抜き、璧を全うして持ち帰ったという「完璧(かんぺき)」の故事、および将軍廉頗(れんぱ)との「刎頸(ふんけい)の交わり」で名高い。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りんしょうじょ【藺相如】

中国、戦国時代の趙ちようの政治家。「和氏かしの璧たま」を一五城と交換したいという秦の申し入れに対し、秦に赴いたが、秦の策謀を見抜き璧を完うして帰国(完璧かんぺき)。また、将軍廉頗れんぱと刎頸ふんけいの交わりを結び、趙の維持に努めた。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藺相如の関連キーワード両虎相闘えば勢い俱に生きず両虎相闘えば勢い倶に生きず柱に膠して瑟を鼓す刎頸の交わり布衣の交わり怒髪冠を衝く琴柱に膠す連城の璧交わり刎頸負荊肉袒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android