藺相如(読み)りんしょうじょ(英語表記)Lin Xiang-ru; Lin Hsiang-ju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藺相如
りんしょうじょ
Lin Xiang-ru; Lin Hsiang-ju

中国,戦国時代の政治家。初め趙の繆賢 (ぼくけん) の家来であったが,昭王が 15城をもって趙の恵文王が所持していた名玉,楚の「和氏 (へき) 」と交換したいと要求してきたので秦に使いし,その謀略をはね返して無事玉を守った。また秦王と趙王の会にあたっても,趙の立場を守りきったので上卿となり,名将廉頗 (れんぱ) より上席となった。しかし剛直な廉頗は彼を軽侮した。これに対し藺相如はあえて逆らわず,私闘を避けて国家の安泰を願ったので,のちにこれを知った廉頗が謝罪し,親交を結んだという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りん‐しょうじょ〔‐シヤウジヨ〕【藺相如】

中国、戦国時代の政治家。恵文王に仕え、和氏(かし)の璧(たま)を城15と交換するためにに使したが、秦の昭王の策謀を見抜き、璧を全うして持ち帰ったという「完璧(かんぺき)」の故事、および将軍廉頗(れんぱ)との「刎頸(ふんけい)の交わり」で名高い。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんしょうじょ【藺相如】

中国、戦国時代の趙ちようの政治家。「和氏かしの璧たま」を一五城と交換したいという秦の申し入れに対し、秦に赴いたが、秦の策謀を見抜き璧を完うして帰国(完璧かんぺき)。また、将軍廉頗れんぱと刎頸ふんけいの交わりを結び、趙の維持に努めた。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android