コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原貞清 なかはらの さだきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原貞清 なかはらの-さだきよ

?-? 平安時代後期の螺鈿(らでん)工。
元暦(げんりゃく)元年(1184)の大嘗会(だいじょうえ)のときに中原貞仲らとともにおおくの調度に螺鈿をほどこした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原貞清の関連キーワード元暦