コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元暦 ゲンリャク

デジタル大辞泉の解説

げんりゃく【元暦】

平安末期、後鳥羽天皇の時の年号。1184年4月16日~1185年8月14日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんりゃく【元暦】

年号(1184.4.16~1185.8.14)。寿永の後、文治の前。後鳥羽天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんりゃく【元暦】

日本の元号(年号)。平安時代、1184年から1185年まで(元暦2年までの2年間)、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は寿永(じゅえい)。次元号は文治(ぶんじ)。1184年(寿永3)4月16日改元。後鳥羽天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書(しょうしょ)考霊耀』を出典とする命名。安徳天皇を奉じて西国に逃れた平家方は、引き続き「寿永」の元号を用いた。1184年(元暦1・寿永3)、源義経(よしつね)率いる源氏軍が一ノ谷の戦いで鵯越(ひよどりごえ)の奇襲により平氏を打ち破った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

元暦の関連キーワード藤原忠清(1)平盛時(1)大中臣国弘宇治川の戦佐々木秀義定慶(1)五大万葉集中原末恒中原永盛今井兼平中原景弘近衛道経樋口兼光清原貞光巨勢有宗藤原基忠一条忠頼藤井守貞中原貞清中原久経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元暦の関連情報