元暦(読み)ゲンリャク

大辞林 第三版の解説

げんりゃく【元暦】

年号(1184.4.16~1185.8.14)。寿永の後、文治の前。後鳥羽天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんりゃく【元暦】

日本の元号(年号)。平安時代、1184年から1185年まで(元暦2年までの2年間)、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は寿永(じゅえい)。次元号は文治(ぶんじ)。1184年(寿永3)4月16日改元。後鳥羽天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書(しょうしょ)考霊耀』を出典とする命名。安徳天皇を奉じて西国に逃れた平家方は、引き続き「寿永」の元号を用いた。1184年(元暦1・寿永3)、源義経(よしつね)率いる源氏軍が一ノ谷の戦いで鵯越(ひよどりごえ)の奇襲により平氏を打ち破った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元暦の関連情報