コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元暦 ゲンリャク

大辞林 第三版の解説

げんりゃく【元暦】

年号(1184.4.16~1185.8.14)。寿永の後、文治の前。後鳥羽天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんりゃく【元暦】

日本の元号(年号)。平安時代、1184年から1185年まで(元暦2年までの2年間)、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は寿永(じゅえい)。次元号は文治(ぶんじ)。1184年(寿永3)4月16日改元。後鳥羽天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書(しょうしょ)考霊耀』を出典とする命名。安徳天皇を奉じて西国に逃れた平家方は、引き続き「寿永」の元号を用いた。1184年(元暦1・寿永3)、源義経(よしつね)率いる源氏軍が一ノ谷の戦いで鵯越(ひよどりごえ)の奇襲により平氏を打ち破った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

元暦の関連キーワード藤原忠清(1)平盛時(1)宇治川の戦定慶(1)大中臣国弘五大万葉集佐々木秀義中原景弘中原末恒豊島有経近衛道経中原清業藤井守貞中原永盛安徳天皇巨勢有宗清原貞光藤原公長服部於田今井兼平

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元暦の関連情報