区分(読み)くぶん

精選版 日本国語大辞典「区分」の解説

く‐ぶん【区分】

〘名〙
① くぎってわけること。くわけ。わかち。区別。分割。
※能因本枕(10C終)八六「さやうのかたにはさらにえくふんすまじき身になん侍ると申ししかば」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「此地球を幾個に区分して其区内に党与を結び」
② 類の中に種を挙げ、種の中に下位種を挙げて、分けていく論理的操作。たとえば、生物を、人間、動物、植物に分け、人間を日本人、中国人等に分けていくこと。〔哲学字彙(1881)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「小説を其主意より見て区分(クブン)すれば二種あり」

く‐わけ【区分】

〘名〙 全体をいくつかに分類したり、区切ったりして分けること。くぶん。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉三月暦「多数の信徒は犇々(ひしひし)と詰めかけて、市内各区別(クワケ)にした控室に陣取って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版「区分」の解説

区分

ある事象概念を,大きな集合から小さな集合へと段階的に分けていくこと.区分には,段階ごとに分けていく基準が必要で,それを区分特性という.また,大きな集合を区分することで形成された下位の集合を,大きな集合を区分する区分肢という.さらに,区分される集合を被区分体という.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android