中央共同募金会(読み)チュウオウキョウドウボキンカイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおうきょうどうぼきん‐かい〔チユウアウキヨウドウボキンクワイ〕【中央共同募金会】

都道府県ごとに組織されている共同募金会の連合体。複数の都道府県または全国規模で活用される寄付金の受け入れ・調整などを行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中央共同募金会の言及

【共同募金】より

…現在は10月1日から12月31日までの期間に,戸別募金,法人募金,職域募金,街頭募金などの方法によって行われる。共同募金の事業を行うことを目的として都道府県ごとに社会福祉法人の共同募金会が設けられ,その連合会として連絡調整の役割を担う中央共同募金会が組織されている。共同募金会以外のものが共同募金を行うことは禁止されている。…

※「中央共同募金会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央共同募金会の関連情報