コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中毒量 チュウドクリョウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうどく‐りょう〔‐リヤウ〕【中毒量】

中毒症状のあらわれる薬物などの量。危険量。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうどくりょう【中毒量】

中毒症状を起こす薬物の最少量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中毒量の言及

【中毒】より

…なお本態は不明だが,自家中毒妊娠中毒などの中毒症もある。農薬薬害
[中毒量]
 中毒を起こす毒物の量を中毒量toxic doseという。中毒量は物質によって異なり,ごく微量で中毒作用を起こすものから,相当多量に用いなければ作用を現さないものまである。…

※「中毒量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中毒量の関連キーワード抗てんかん薬治療についてジエチルカルバマジンアナフィラキシーカフェイン中毒パラチオン中毒要指示医薬品腸炎ビブリオジギタリスヒ素中毒幻覚薬薬用量極量劇薬毒薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android