中継局(読み)チュウケイキョク

大辞林 第三版の解説

ちゅうけいきょく【中継局】

通信のなかつぎをする局。親局からの信号を受け、増幅して送り出す。 → 基地局

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうけい‐きょく【中継局】

〘名〙
① いくつかの電話交換局からの中継線の交換接続をする局。
② 放送局の電波の受信が困難な地区に設けられ、親局の放送電波を受信し、増幅して放送する放送局。中継放送局

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中継局の言及

【放送局】より

… 放送局といっても,すべての放送局で番組を制作しているわけではない。番組をまったくつくることなく,送られてきた放送電波を受けて途中の電力損失を補い,さらに強めて伝送することを仕事とする多くの中継局があり,これらの中継局は無人化される傾向にある。こうした中継局も含めると,NHK,民間放送のラジオ,テレビの全放送局数は1万を超える。…

※「中継局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中継局の関連情報