コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中継局 チュウケイキョク

大辞林 第三版の解説

ちゅうけいきょく【中継局】

通信のなかつぎをする局。親局からの信号を受け、増幅して送り出す。 → 基地局

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中継局の言及

【放送局】より

… 放送局といっても,すべての放送局で番組を制作しているわけではない。番組をまったくつくることなく,送られてきた放送電波を受けて途中の電力損失を補い,さらに強めて伝送することを仕事とする多くの中継局があり,これらの中継局は無人化される傾向にある。こうした中継局も含めると,NHK,民間放送のラジオ,テレビの全放送局数は1万を超える。…

※「中継局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中継局の関連キーワードサービスエリア(放送、通信)周南市の防災行政無線ウォーキールッキー周波数分割多元接続マイクロ波多重通信ブロードバンド放送アナログ周波数変更時分割多元接続マイクロ波通信アナアナ変換隠れ端末問題中継放送局放送用機器無人中継所リピーターブースタ局極超短波多元接続郵便番号宇宙通信

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中継局の関連情報