コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間検査制度 チュウカンケンサセイド

1件 の用語解説(中間検査制度の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

中間検査制度

建築基準法で定められた制度。特定行政庁は必要に応じて一定条件下の区域・期間・建物に対し、工事中に建物が建築基準関係規定に適合しているかどうかの中間検査を受ける工程を指定し、指定建物の建築主はその工程の工事終了後に建築主事または指定確認検査機関の中間検査を受けなければ工事を続行できない制度。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中間検査制度の関連キーワード建蔽率指定確認検査機関蹴上げ特定行政庁みなし道路接道義務2項道路位置指定道路建築基準法第8条(維持保全)特定行政長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone