工程(読み)こうてい

精選版 日本国語大辞典「工程」の解説

こう‐てい【工程】

〘名〙 作業の手順、手数(てかず)。作業の進行程度やそれに要する時間をもいう。プロセス
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉二「精紡より後の程と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「工程」の解説

【工程】こうてい

工事のはかどりぐあい。〔唐書、魏知古伝〕會(たまたま)金仙・王眞を作る。夏と雖も、工嚴促(げんそく)なり。知古諫めて曰く、~を作(な)して、せずと。

字通「工」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の工程の言及

【工程管理】より

…生産活動は調査,開発,設計,施設,購買,製造,販売,輸送,据付け,修理サービスなどの多くの段階を経て進行し,さらに各段階は分業化されて多数の段階に細分化される。このような生産活動の諸段階を工程stage of worksというが,普通にはとくに製造活動における諸段階を工程という。分業化された最小の単位を工程ということもある。…

※「工程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android