中雀門(読み)チュウジャクモン

大辞林 第三版の解説

ちゅうじゃくもん【中雀門】

〔「中柵ちゆうざく門」の転か〕 城内または武家屋敷の内部に設けた門。
(「中雀門」は当て字)「鍮石ちゆうじやく」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうじゃく‐もん【中雀門】

〘名〙
※雪夫人絵図(1948‐50)〈舟橋聖一〉「古風な中雀門のある二階建の、玄関の玻璃戸をあけると」
② 寝殿造の中門に相当する、城中に造った柵門
※随筆・松屋筆記(1818‐45頃)八三「武家に中雀門と云ふは、城に有りし中柵門の事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android