コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟橋聖一 ふなはしせいいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舟橋聖一
ふなはしせいいち

[生]1904.12.25. 東京
[没]1976.1.13. 東京
小説家,劇作家。 1928年東京大学国文学科卒業。在学中の 25年『朱門同人となり,河原崎長十郎主宰の劇団「心座」結成に参画,戯曲『痼疾者』 (1926) を上演,好評を博した。その後徳田秋声の門に入り小説に転じ,『ダイヴイング』 (34) により行動主義を主張,『文学界』同人 (35) となった。『木石』 (38) ,『悉皆屋 (しっかいや) 康吉』 (41~45) を経て,第2次世界大戦後は『雪夫人絵図』 (48~50) ,『芸者小夏』 (52) など濃厚な愛欲世界に独特のロマンチシズムを発揮し,井伊直弼生涯を描いた『花の生涯』 (52~53) も注目を浴びた。そのほか『岩野泡鳴伝』 (36~38) ,『ある女の遠景』 (63) など。芸術院会員。 75年文化功労者

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

舟橋聖一

東京生まれ。東京帝国大文学部在学中から戯曲や小説を書き始める。戦後、48年の「雪夫人絵図」で流行作家となり、幕末大老・井伊直弼らを描いた「花の生涯」や「絵島生島」「白い魔魚」など多くの話題作を発表。75年に文化功労者。日本文芸家協会理事長のほか、横綱審議委員会の2代目委員長も務めた。競馬好きで文士馬主としても知られた。

(2015-08-29 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふなはし‐せいいち【舟橋聖一】

[1904~1976]小説家・劇作家。東京の生まれ。戯曲から出発し、のち行動主義をうたった小説「ダイヴィング」で注目された。第二次大戦後は独自の伝統的、官能的な美の世界を展開。小説「木石」「雪夫人絵図」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舟橋聖一【ふなはしせいいち】

小説家,劇作家。東京生れ。東大国文科卒。在学中から戯曲を書き,新興芸術派の新進として活躍,1933年雑誌《行動》に《ダイビング》を発表して文壇の注目を集めた。また1935年《文学界》同人となり,《岩野泡鳴伝》《木石》を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舟橋聖一 ふなはし-せいいち

1904-1976 昭和時代の小説家,劇作家。
明治37年12月25日生まれ。冶金学者舟橋了助の長男。東京帝大在学中に河原崎長十郎らと劇団「心座」を結成,戯曲を「新潮」に発表。昭和8年明大教授。同年「行動」同人となり,「ダイヴィング」で注目された。10年「文学界」同人にくわわり,13年「木石」を発表。戦時中には「悉皆屋(しっかいや)康吉」,戦後は「雪夫人絵図」「花の生涯」「ある女の遠景」など,官能小説,時代小説,風俗小説をつぎつぎにあらわす。日本文芸家協会初代理事長,横綱審議会委員長。芸術院会員。50年文化功労者。昭和51年1月13日死去。71歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふなはしせいいち【舟橋聖一】

1904‐76(明治37‐昭和51)
小説家,劇作家。東京生れ。父は東大工学部教授。東大国文科時代の1925年に河原崎長十郎等と劇団心座を結成,卒業後は劇団蝙蝠座を起こし,また新興芸術派の運動に参加した。33年,知識人の行動主義を標榜する雑誌《行動》(1933年10月~35年9月)創刊とともに同人となり,《ダイヴィング》(1934)を発表して小説家の地位を確立した。35年には《文学界》同人に加わり,《木石》(1938)を発表。戦争中は時局に便乗することなく,《悉皆屋康吉(しつかいやこうきち)》(1945)を完成させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふなはしせいいち【舟橋聖一】

1904~1976) 小説家・劇作家。東京生まれ。東大卒。戦時下「悉皆屋康吉」に伝統に生きる職人を描き、戦後は独自な官能的世界を確立。「雪夫人絵図」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舟橋聖一
ふなはしせいいち
(1904―1976)

小説家、劇作家。明治37年12月25日、東京・本所(ほんじょ)横網町に生まれる。父は冶金(やきん)工学専攻の東京帝国大学教授、母も財閥の娘で、ともに名門の出である。母方の祖母の影響により、幼時から芝居、芸者、相撲(すもう)取りなどに親しく接し、後年の舟橋文学を形成する世界を存分に吸収した。旧制水戸高校を経て東京帝国大学国文科を卒業。在学中より村山知義(ともよし)、河原崎(かわらさき)長十郎らと劇団心座(こころざ)を結成、1926年(大正15)10月、戯曲『白い腕』を『新潮』に発表して文壇に進出し、戯曲集『愛慾(あいよく)の一匙(さじ)』(1930)を出版したが、しだいに劇作家から小説家へと転身した。『木石(ぼくせき)』(1938)は舟橋本来の伝統的官能的な美の世界を抑制しながら定着したもので、太平洋戦争中に書き継がれた『悉皆屋(しっかいや)康吉』(1941~45)には、時代に抵抗して伝統的な美の精神を守ろうとする決意が込められている。第二次世界大戦後は第一線の人気作家として『雪夫人絵図』(1948~50)、『芸者小夏』(1952)、あるいは井伊直弼(いいなおすけ)を主人公とした歴史小説『花の生涯』(1952~53)などを発表し続けてその作風を深め、『ある女の遠景』(1961~63)、『好きな女の胸飾り』(1967)によって、唯美的世界を日本の伝統的な美と融合させながら完成した。創作以外にも本格的な研究書『岩野泡鳴伝』(1938)があり、また1934年(昭和9)『自由主義文学の提唱』を発表して行動主義、能動精神、知識階級についての論争を惹起(じゃっき)した時代批評精神も見過ごすことはできない。昭和51年1月13日没。[森本 穫]
『『舟橋聖一選集』全13巻(1968・新潮社) ▽『日本文学全集60 舟橋聖一』(1966・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の舟橋聖一の言及

【反ファシズム】より

…〈反ファシスト知識人監視委員会〉の運動を紹介した,1934年10月の小松清の〈仏文学の一転機〉は大きな反響を呼び,知識人の行動と連帯が雑誌《行動》を中心に広く論議されるが,左翼教条主義の立場からの攻撃で翌年半ばには反ファシズム戦線の萌芽は踏みにじられてしまう。次いでフランスの人民戦線政府に触発されて36年から37年にかけて,舟橋聖一らの〈行動文学〉,林房雄の〈独立作家クラブ〉,1935年成立の〈日本ペンクラブ〉,京都の中井正一らの《世界文化》と《土曜日》などの雑誌,新聞,組織,さらに三木清,中島健蔵,清沢冽らの個人が,ヒューマニズムの提唱というかたちでファシズムへの抵抗を呼びかけるが,37年の日中戦争開始とともに,それらの動きはことごとく一掃されてしまうのである。レジスタンス文学【渡辺 一民】
[イタリア]
 イタリアの文学史は20世紀の圧倒的なファシズム支配下の時代を指して,しばしば〈黒い20年間〉と呼んでいる。…

※「舟橋聖一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舟橋聖一の関連キーワード市川 団十郎(11代目)新興芸術派・新興藝術派モンローのような女沢村田之助(3代)紀伊國屋書店(株)好きな女の胸飾り小松清(2)池谷 信三郎行動主義文学舟橋 聖一土方 定一志村 立美新作歌舞伎霧ある情事村山知義丹羽文雄昭和時代文学論争阿部知二元禄繚乱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟橋聖一の関連情報