コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松屋筆記 マツノヤヒッキ

3件 の用語解説(松屋筆記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつのやひっき【松屋筆記】

江戸後期の随筆。120巻。小山田与清(おやまだともきよ)著。明治41年(1908)刊。文化末年(1818)から弘化2年(1845)ころまでの約30年間にわたり、古今の書物の記事を抜き書きし、考証・論評などを加えたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつのやひっき【松屋筆記】

江戸後期の国学者小山田与清(ともきよ)の手になる辞書風随筆。120巻。1815年(文化12)ころより46年(弘化3)ころにかけての筆録で,諸書に見える語句を選び,寓目した書の一節を抄出しつつ考証,解釈を加える。その語句は約1万に及び,国語,国文,有職故実,民俗などに関する著者の博識ぶりがうかがえる。もと120巻あったが現存84巻。1908年国書刊行会から活字本として刊行され3巻にまとめられた。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつのやひっき【松屋筆記】

〔「まつやひっき」とも〕
随筆。一二〇巻。高田与清たかだともきよ著。1908年(明治41)刊。1818年頃から45年のおよそ30年間に読んだ書物から、興味をひいた語句を選び、論評などを付す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松屋筆記の関連キーワード椿仲輔高田与清糟谷容斎鏑木幸雄康哉佐藤蕉廬田沼善一西野宣明蜂屋光世北条時鄰