コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松屋筆記 マツノヤヒッキ

デジタル大辞泉の解説

まつのやひっき【松屋筆記】

江戸後期の随筆。120巻。小山田与清(おやまだともきよ)著。明治41年(1908)刊。文化末年(1818)から弘化2年(1845)ころまでの約30年間にわたり、古今の書物の記事を抜き書きし、考証・論評などを加えたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつのやひっき【松屋筆記】

江戸後期の国学者小山田与清(ともきよ)の手になる辞書風随筆。120巻。1815年(文化12)ころより46年(弘化3)ころにかけての筆録で,諸書に見える語句を選び,寓目した書の一節を抄出しつつ考証,解釈を加える。その語句は約1万に及び,国語,国文,有職故実,民俗などに関する著者の博識ぶりがうかがえる。もと120巻あったが現存84巻。1908年国書刊行会から活字本として刊行され3巻にまとめられた。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつのやひっき【松屋筆記】

〔「まつやひっき」とも〕
随筆。一二〇巻。高田与清たかだともきよ著。1908年(明治41)刊。1818年頃から45年のおよそ30年間に読んだ書物から、興味をひいた語句を選び、論評などを付す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

松屋筆記の関連キーワード小田原評定巨人伝説民間療法後家入り松屋久重高田与清御座直しダイス民俗学鬼瓦刺身花魁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android