コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸屋 マロヤ

デジタル大辞泉の解説

まろ‐や【丸屋】

葦(あし)や茅(かや)などで簡単に屋根を葺(ふ)いた粗末な家。
「屋は、―、あづま屋」〈・二八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まろや【丸屋】

あし・茅かやなどをそのまま屋根にした仮小屋。仮庵かりいお。 「屋は-、あづまや/枕草子 289

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

丸屋の関連キーワード音羽屋惣左衛門(初代)竹本住太夫(初代)大谷広次(4代)大谷広次(3代)大谷広次(初代)渡辺佐助(2代)大谷徳次(初代)宮城県白石市中町初代琴通舎芙賀二丸屋山口商店下駄屋甚兵衛小柳津 要人早矢仕 有的越後花びら餅山本甚左衛門安井 敬七郎耕山(初代)琴通舎英賀安井敬七郎小柳津要人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸屋の関連情報