あし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あし
あし / 足・脚・肢

胴から分かれ出て、体を支え、動物の移動に際し使われる部分をいう。全体を肢(し)といい、地に着く部分を足(そく)、その他を脚(きゃく)という。哺乳(ほにゅう)類、爬虫(はちゅう)類、両生類には原則的に2対の足がある。このうち前肢は魚類の胸びれから、後肢は腹びれからそれぞれ進化したものである。鳥類では翼が前肢にあたり、後肢で立っている。無脊椎(むせきつい)動物では運動器官としてのさまざまな足がみられる。環形動物にはゴカイ類のように体壁が突き出して歩行、遊泳に役だつようになった疣足(いぼあし)のあるものがある。節足動物には部位によりさまざまな用途に発達した肢(付属肢)がある。たとえば甲殻類の仲間(アメリカザリガニなど)では、この付属肢が、頭部のものは触角、口器となり、胸部のものが遊泳または歩行に用いられ、腹部のものは遊泳脚や交接器、抱卵器となっている。
 昆虫類(バッタなど)では胸部の癒合した3節に前肢、中肢、後肢が1対ずつある。軟体動物の二枚貝類には斧足(おのあし)があり、砂中に潜るのに適している。棘皮(きょくひ)動物(ヒトデなど)には体表から伸出する管足(かんそく)があり、移動や摂食に役だっている。原生動物のアメーバなどには、原形質の一時的突起として形成される偽足(仮足)がある。これは運動や摂食に関係した細胞小器官である。[高橋純夫]

ヒトのあし

ヒトであしという場合、下肢(かし)、脚、足がある。下肢は、動物の四肢の後肢あるいは後脚にあたる。ヒトの場合、上肢と下肢の骨格構成はそれぞれ対応するが、構造と働きは著しく異なっており、下肢は主として躯幹(くかん)の支えと歩行運動をつかさどっている。このため、あし全体としてのつくりは強大で、中軸となっている骨格は太くて大きく、骨格に付着する骨格筋もよく発達している。下肢のなかでは、大腿(だいたい)(ふともも)のほうが下腿(かたい)より発育が早い。以下、脚と足の骨格と骨格筋について触れる。
(1)脚 骨盤に股関節(こかんせつ)でつながる部分から足首までの部位で、大腿と下腿とからなり、その中心軸は大腿では大腿骨、下腿では太い脛骨(けいこつ)と細い腓骨(ひこつ)である。大腿は体の重みを直接支えるためにもっとも強大な発育を示し、中心軸となる大腿骨も身体中で最大最強の骨となっている。下腿は外側の腓骨と内側の脛骨が平行に並び、相互に上端、下端で浅い関節をつくり、大腿骨を支えている。平行な両骨は下腿の捻転(ねんてん)にわずかだが応ずる。大腿の運動は股関節で屈伸と回旋(回外、回内)運動を行い、下腿は膝関節(しつかんせつ)で屈伸運動を行う。股関節は肩関節と同じ構造の球関節である。球関節は関節運動範囲としては最大であるが、股関節では関節結合が強固なために伸展が制限され、迅速さにも欠けるため、肩関節の運動とは著しい差がある。大腿を動かす骨格筋は大別して、屈伸筋、外転・内転筋、回外・回内筋がある。臀(しり)の隆起を形成している大殿筋(だいでんきん)、中殿筋、小殿筋は、大腿の伸展、外転、回外の運動のほかに、骨盤と大腿を固定する役をしている。
 下腿前面はいわゆる「むこうずね」で俗に「弁慶の泣きどころ」といわれ、物体があたると激しい痛みを感じるところであり、また傷つきやすい。この部分の皮下組織は少なく、皮下は直接、脛骨前面に接するからである。この部分は血管分布も少ないために、傷を生じると治りにくい。下腿を動かす骨格筋は大腿骨から始まるが、下腿構成の骨格筋では、後面にふくらはぎの隆起をつくっている腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋が重なり合って、その下端はアキレス腱(踵骨腱(しょうこつけん))として踵骨に固くついている。脚は直立したとき、正常でも軽いX脚をとり、大腿骨と脛骨とを通る長軸は、膝関節部で外方に174度の鈍角をつくる。この角度より大となればO脚、小となればX脚となる。乳幼児は3歳ぐらいまでO脚、4~5歳ぐらいからX脚となる。
(2)足 足首から足の先端までをいう。下腿下端の内側、外側の突出部、いわゆる「くるぶし」(外側は脛骨、内側は腓骨の高まり)が脚との境となる。足首は足根骨(そくこんこつ)(距骨(きょこつ)、踵骨(しょうこつ)、立方骨、3個の楔状骨(けつじょうこつ))が骨格だが、踵骨がかかとにあたり、体重の重心がかかる。ハイヒールをはくと、体重の大部分が前方の中足骨にかかってくる。足は全体として足背(足の甲)方向に弓状に湾曲し(縦足弓という)、足底(足の裏)の中央ではとくに内側がくぼみ、いわゆる「土ふまず」(足円蓋(そくえんがい))をつくる。扁平足(へんぺいそく)とはこのくぼみが欠如している場合をいう。扁平足は、足の骨格の腱、靭帯(じんたい)が弱く、体重の圧迫によって足弓が扁平化したものである。指や手のひら同様、触紋がある。[嶋井和世]

下肢と静脈

下肢の静脈血は重力に抵抗して心臓に戻らなければならないために、下肢の静脈にはとくに弁が多く存在し、逆流を防いでいる。このため、静脈血のうっ滞がおこりやすく、下腿後面の皮下静脈が浮き出る怒張(どちょう)がこのよい例である。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あしの関連情報