コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸爪 マルヅメ

大辞林 第三版の解説

まるづめ【丸爪】

箏(琴)爪ことづめの一。琴爪で、先が丸くややとがっているもの。山田流で用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の丸爪の言及

【山田流】より

…したがって,生田流,継山流などの流儀が,組歌伝承上の分流名であるのに対し,山田流は,レパートリーのうえからは,別の種目の音楽をも演奏する流儀ともいえる。現在では,山田流箏曲家は,俗に丸爪と称する爪(ただし,現在では先端が尖った形となっている)を使用するのに対し,生田流をはじめ,山田流以外の流儀は,多く先端を水平に切ったいわゆる角爪を使用するので,こうした差から,山田,生田の2流に2分することもあるが,江戸・東京は別として,他の地域ではこうした2分法は適当でない。筑紫箏,沖縄箏曲,松代八橋流などは,それぞれまた異なる爪を使用する。…

※「丸爪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丸爪の関連キーワード琴爪・箏爪・筝爪箏曲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android