コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳付きの旗 チツキノハタ

1件 の用語解説(乳付きの旗の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

乳付きの旗

乳(ち)とは、矩形の旗布の天と横の一方の縁に付けられた輪のこと。その輪に竿を通して使ったのが乳付きの旗平安時代後期の源平合戦の時には、白赤に分かれて華々しく使われた。近年では乳付きの部分はほとんど布に形を変え、商店街やセールの幟(のぼり)として使われている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳付きの旗の関連キーワード片面矩形偏諱ギリシャ十字矩形斑岩レイリー規準

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone