コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳付きの旗 チツキノハタ

とっさの日本語便利帳の解説

乳付きの旗

乳(ち)とは、矩形の旗布の天と横の一方の縁に付けられたのこと。その輪に竿を通して使ったのが乳付きの旗。平安時代後期の源平合戦の時には、白赤に分かれて華々しく使われた。近年では乳付きの部分はほとんど布に形を変え、商店街セール(のぼり)として使われている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android