コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳付きの旗 チツキノハタ

1件 の用語解説(乳付きの旗の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

乳付きの旗

乳(ち)とは、矩形の旗布の天と横の一方の縁に付けられた輪のこと。その輪に竿を通して使ったのが乳付きの旗平安時代後期の源平合戦の時には、白赤に分かれて華々しく使われた。近年では乳付きの部分はほとんど布に形を変え、商店街やセールの幟(のぼり)として使われている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone