コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾湖 カンコ

デジタル大辞泉の解説

かん‐こ【乾湖】

湖水が蒸発または流出して干上がった地域。雨期のみ浅い湖となるものもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乾湖の言及

【塩水湖】より

…オーストラリアのエア湖などは,時には湖が消滅することもある。乾燥が続いて蒸発濃縮の進んだ湖では,湖水がなくなり乾湖(プラヤplaya)となることもある。塩分が300g/lを超える湖もあり,その成分は,陽イオンとしてはNa,K,CaおよびMg,陰イオンとしてはCl,SO4,HCO3およびCO3が大部分を占める。…

※「乾湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾湖の関連キーワードウィランドラ湖群地域エドワーズ基地ギブソン砂漠ウーメラ湖水

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android