雨期(読み)うき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨期
うき

ある地域でおよそ1か月以上にわたって雨量の多くなる期間をいう。低緯度地方では1年間の季節は雨期と、この反対の乾期とに分けられる。季節風地帯、たとえば東南アジアの大部分では南西季節風(モンスーン)の吹く夏が雨期にあたり、地中海方面では冬の間が雨期にあたる。モンスーンを、季節風ではなく、雨期またはその時期に降る雨という意味で使うことも多い。赤道付近では、太陽高度がもっとも高くなるとき雨期になるが、そのようなことは年2回あるので、雨期は1年に2回あることになる。
 熱帯地方では乾期と雨期に分けたとき、乾期の雨量は全年の数%にしかすぎない。しかし、亜熱帯地方では乾期でも年降水量の30~40%も雨が降るので、雨期としての雨量の集中度が小さくなる。そのため、学者のなかには、集中度の大きい熱帯地方における場合を雨季(rainy season)、温帯における場合を雨期(rainy periodまたはrainy spell)として区別する人もいる。[根本順吉・青木 孝]

日本の雨期

日本の雨期は、(1)6~7月の梅雨(ばいう)期、(2)9~10月の秋雨(あきさめ)期、(3)冬の日本海側の季節風降雪期、の三つがおもなものとしてあげられる。このほかに、(4)3~4月ころの春雨(はるさめ)期、(5)11~12月ころの時雨(しぐれ)期、があるが、これらは降雨回数は多くても、雨量としては少ない雨期である。地域的には、西日本では(1)の梅雨期が一年中でもっとも大きく、東日本では(2)の秋雨期が一年中の極大となる。[根本順吉・青木 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨期の関連情報