コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀前 かめのまえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀前 かめのまえ

?-? 平安時代後期,源頼朝の側室。
寿永元年(1182)正室北条政子が出産のため不在中に頼朝が御家人伏見広綱の家にすまわせる。のち政子が知り,牧宗親(むねちか)に命じて広綱の屋敷をこわす。頼朝も宗親のもとどりをきって責めるなど,はでな夫婦げんかとなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

亀前の関連キーワード飯島関源頼朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀前の関連情報