側室(読み)そくしつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「側室」の解説

側室
そくしつ

将軍、大名のように地位・身分の高い人の妾(めかけ)をいう。儒教の道徳思想から祖先の祭祀(さいし)を絶やさぬため、多く公認された。将軍、大名ともその室は臣下の待遇を受け、正室との間も主従関係にあった。将軍の側室の場合、男児を生めば御部屋様、女児なら御腹様とよばれ、名前は「何の方(かた)」と「方」づきになり、家来からは主人なみに扱われた。江戸時代、大名は参勤交代で江戸と国元を往復したが、正室を証人として江戸屋敷に残し、国元には側室、つまり「御国御前(おくにごぜん)」を置いた。そのため家督相続をめぐって御家(おいえ)騒動が絶えず、大名家では原則的に側室に権力をもたせない仕組みであった。側室は30歳になると「御褥御断(おしとねおことわ)り」といって、寝所をともにするのを辞退した。

稲垣史生

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「側室」の解説

そく‐しつ【側室】

〘名〙
① 次男以下の男子。嫡子以外の男子。〔春秋左伝‐桓公二年〕
② 貴人のめかけ。妾(しょう)。そばめ。
※随筆・秉燭譚(1729)三「側室とは門側の居をいふ。〈略〉妾のことをいふ。いづれも門側の居より転じ用るなるべし」 〔漢書‐南王伝〕
③ おもだった部屋に添えられた部屋。次の間。副室。
※風立ちぬ(1936‐38)〈堀辰雄〉風立ちぬ「附添人のために宛てられた狭苦しい側室にはひらうともしないで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「側室」の解説

【側室】そくしつ

旁側の室。妾。〔輟耕録、九、陰府弁詞〕李子昭~の側室(てう)氏、娠(はら)めるり。妻之れを怒り、撻(すいたつ)楚して晝夜息(や)めず。~身ぶ。數日ならずして鬼怪百出、妻奇疾を得たり。

字通「側」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「側室」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の側室の言及

【妾】より

…【植松 明石】
[中国]
 めかけは古くは女奴を意味し,男奴たる臣とあわせて〈臣妾〉の語があった。春秋末期から〈奴婢(ぬひ)〉の語が一般化するとともに,自由身分の側室をめかけと称するようになった。旧中国における宗族秩序の上からは一夫一妻の原則にたつから,めかけは公的地位をもたず弱い立場にあったが,単なる秘密の囲い女ではなく,家族の成員たる身分を礼と律の上に制度づけられていた。…

※「側室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android