コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二の足 ニノアシ

大辞林 第三版の解説

にのあし【二の足】

二歩目。
〔二の足を踏む意から〕 ためらうこと。しりごみ。 「聞きおぢして-に成所を/浄瑠璃・国性爺合戦」
太刀の鞘さやの帯取おびとりを通す二つの足のうち鐺こじりに近い方の称。
[句項目] 二の足を踏む

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二の足の関連キーワードワンストップサービス(OSS)暴力追放運動推進センター都々逸坊扇歌国性爺合戦踏む・履む小道・小路糸巻の太刀スキュラ適格団体足・脚飾太刀太刀小道踏む

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二の足の関連情報