鞘口(読み)サヤグチ

デジタル大辞泉の解説

さや‐ぐち【×鞘口】

刀の鞘の刀身を入れる口。鯉口(こいぐち)。
本心を隠した、うわべだけの口上。
「上は立派な―に、へらを使うて」〈浄・五枚羽子板〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さやぐち【鞘口】

刀の鞘の、鍔つばを受ける部分。鯉口こいぐち
本心を隠した、表面だけの口上。 「真剣の勝負せん待つて居れ盛治と、上は立派な-に/浄瑠璃・雪女」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android