コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘口 サヤグチ

デジタル大辞泉の解説

さや‐ぐち【×鞘口】

刀の鞘の刀身を入れる口。鯉口(こいぐち)。
本心を隠した、うわべだけの口上。
「上は立派な―に、へらを使うて」〈浄・五枚羽子板〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さやぐち【鞘口】

刀の鞘の、鍔つばを受ける部分。鯉口こいぐち
本心を隠した、表面だけの口上。 「真剣の勝負せん待つて居れ盛治と、上は立派な-に/浄瑠璃・雪女」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鞘口の関連キーワード合い口・合口・匕首ススキ(芒∥薄)曾呂利新左衛門樋螺鈿の太刀ウシノケグサフクロダガヤ糸巻の太刀アキナケス鹿角装刀剣装剣金具二の足鍔鳴り鯉口鎺金栗形

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android