コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二一天作の五(読み)ニイチテンサクノゴ

デジタル大辞泉の解説

にいち‐てんさく‐の‐ご【二一天作の五】

旧式珠算での割算の九九の一つ。10を2で割るとき、一〇の位の一の珠(たま)をはらい、桁(けた)の上の珠を一つおろして五とおくこと。
物を半分ずつに分けること。
計算。勘定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にいちてんさくのご【二一天作の五】

旧式珠算で、割り算九九の割り声。一(=一〇)を二で割ると五が立つという意。算盤そろばんでは桁けたの上の珠たまを一つおろして五とおくこと。
物を半分ずつに分けること。
計算や勘定をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android