コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十六夜待ち ニジュウロクヤマチ

デジタル大辞泉の解説

にじゅうろくや‐まち〔ニジフロクヤ‐〕【二十六夜待ち】

江戸時代、陰暦正月・7月の26日の夜、月の出るのを待って拝むこと。月光の中に弥陀・観音・勢至三尊が現れると言い伝えられ、特に江戸高輪(たかなわ)から品川あたりにかけて盛んに行われた。六夜待ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にじゅうろくやまち【二十六夜待ち】

陰暦1月と7月の26日の夜に、月待ちをすること。江戸時代、江戸の高輪から品川あたりで行われた。多く7月をいう。六夜待ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二十六夜待ちの関連情報