コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢至 セイシ

世界大百科事典 第2版の解説

せいし【勢至】

阿弥陀如来の右脇侍(わきじ)として知られる菩薩の名。勢至菩薩ともいう。サンスクリットのmahāsthāma‐prāptaの漢訳名である大勢至を略して勢至という。支謙訳の《大阿弥陀経》では摩訶那鉢(まかなはつ)と音訳されていた。左脇侍の観音が宝冠中に化仏を戴くのに対し,勢至の宝冠中には水瓶の標識があるほかは,両者まったく同等として描かれる。《観無量寿経》の第十一観に,〈智慧の光をもって,普(あま)ねく一切を照らし,三塗を離れしむるに,無上の力をえたまえり。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいし【勢至】

「勢至菩薩」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勢至の関連キーワード脇侍・脇士・夾侍・挟侍秋田県にかほ市金浦三重県伊賀市界外二十六夜待ち山越阿弥陀図伐折羅大将来迎の三尊阿弥陀如来観世音菩薩二十五菩薩大勢至菩薩極楽の迎え阿弥陀三尊阿弥陀仏法蔵比丘三尊来迎八大菩薩十六観善光寺無辺光

勢至の関連情報