勢至(読み)セイシ

世界大百科事典 第2版の解説

せいし【勢至】

阿弥陀如来の右脇侍(わきじ)として知られる菩薩の名。勢至菩薩ともいう。サンスクリットのmahāsthāma‐prāptaの漢訳名である大勢至を略して勢至という。支謙訳の《大阿弥陀経》では摩訶那鉢(まかなはつ)と音訳されていた。左脇侍の観音が宝冠中に化仏を戴くのに対し,勢至の宝冠中には水瓶の標識があるほかは,両者まったく同等として描かれる。《観無量寿経》の第十一観に,〈智慧の光をもって,普(あま)ねく一切を照らし,三塗を離れしむるに,無上の力をえたまえり。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢至の関連情報