コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三尊 サンソン

大辞林 第三版の解説

さんそん【三尊】

とうとぶべき三種の人。君・父・師。 → さんぞん(三尊)

さんぞん【三尊】

〘仏〙
仏・法・僧の三宝のこと。
三尊仏」に同じ。
尊敬すべき三人の人。君・父・師。 〔新撰字鏡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三尊の言及

【一光三尊】より

…3体の仏像が一つの大きな光背を負う図像をいう。一光とは一つの光背,三尊とは如来を中尊として,その左右に2菩薩を脇侍とする三体一具の仏像のことである。その光背の形は舟形,あるいは1枚の蓮弁を大きくかたどったような形をしており,挙身光ともいう。…

※「三尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三尊の関連キーワード神奈川県伊勢原市日向来迎和讃・来迎和讚奈良県桜井市忍阪山形県南陽市松沢燕岐地方石仏碑像善光寺式三尊像黒瀧山不動寺山越阿弥陀図一光三尊像とんだ霊宝来迎の三尊倶舎曼荼羅阿弥陀三尊大谷磨崖仏新大仏寺勢至菩薩新撰字鏡曼荼羅寺月光菩薩三尊来迎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三尊の関連情報