三尊(読み)サンソン

大辞林 第三版の解説

さんそん【三尊】

とうとぶべき三種の人。君・父・師。 → さんぞん(三尊)

さんぞん【三尊】

〘仏〙
仏・法・僧の三宝のこと。
三尊仏」に同じ。
尊敬すべき三人の人。君・父・師。 〔新撰字鏡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三尊の言及

【一光三尊】より

…3体の仏像が一つの大きな光背を負う図像をいう。一光とは一つの光背,三尊とは如来を中尊として,その左右に2菩薩を脇侍とする三体一具の仏像のことである。その光背の形は舟形,あるいは1枚の蓮弁を大きくかたどったような形をしており,挙身光ともいう。…

※「三尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三尊の関連情報