三尊(読み)さんぞん

精選版 日本国語大辞典「三尊」の解説

さん‐ぞん【三尊】

〘名〙
語。仏と、仏の説いた法と、法をひろめる
※性霊集‐六(835頃)於大極紫震両殿請百僧雩願文「曲躬合掌、焼香散花、於大極清冷両殿、雩乎三尊之霊」 〔四十二章経〕
③ 仏語。寺院などでまつる中心となる仏で、本尊とその左右にひかえる二脇侍の菩薩の三体のこと。阿彌陀如来観音勢至釈迦如来文殊普賢薬師如来と日光・月光など。三尊仏
※本朝文粋(1060頃)一四・一条院四十九日御願文〈大江匡衡〉「仏者生前之御願。以三尊賓朋
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「光堂は三代のを納め、三尊の仏を安置す」
④ 釈迦如来、薬師如来、阿彌陀如来など、三体の尊い仏をいう。
※太平記(14C後)一八「其の光の中に釈迦薬師彌陀の三尊、光を並べて座し給ふ」

さん‐そん【三尊】

〘名〙 人としてうやまい仕えなければならない三種の尊い人。父・師・主君のこと。三成。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三尊」の解説

さん‐ぞん【三尊】

仏・法・僧の三宝。
中央の仏(中尊)と左右の脇侍きょうじ菩薩ぼさつの三体。薬師三尊・釈迦三尊阿弥陀あみだ三尊など。三尊仏。三尊像

さん‐そん【三尊】

尊ぶべき三人の人。・父・師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三尊の言及

【一光三尊】より

…3体の仏像が一つの大きな光背を負う図像をいう。一光とは一つの光背,三尊とは如来を中尊として,その左右に2菩薩を脇侍とする三体一具の仏像のことである。その光背の形は舟形,あるいは1枚の蓮弁を大きくかたどったような形をしており,挙身光ともいう。…

※「三尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android