コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二酸化ウラン ニサンカウラン

デジタル大辞泉の解説

にさんか‐ウラン〔ニサンクワ‐〕【二酸化ウラン】

褐色の粉末。原子炉燃料として、タバコのフィルター状にプレスして焼き固めたものを使う。化学式UO2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二酸化ウランの言及

【酸化ウラン】より


[酸化ウラン(IV)]
 化学式UO2。二酸化ウランともいう。酸化ウラン(VI)UO3を水素気流中1000~1100℃で長時間熱し,還元して得られる褐色粉末。…

※「二酸化ウラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二酸化ウランの関連キーワードジェー・シー・オー臨界事故福島第一原子力発電所事故黒鉛チャンネル炉ウラン加工施設加圧水型原子炉イエローケーキ沸騰水型原子炉燃料ペレットジルカロイ原子力発電MOX燃料閃ウラン鉱酸化ウランペレット金属燃料炉心溶融ふげん再転換燃料棒軽水炉