コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重内陣式 にじゅうないじんしきdouble apse plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重内陣式
にじゅうないじんしき
double apse plan

建築用語。聖堂で東西両端に内陣をもつ形式をいう (→アプス , 内陣 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の二重内陣式の言及

【教会堂建築】より

…9世紀から15世紀にいたる西欧ではキリスト教建築の建造が社会の最も重要な課題で,これに最大の努力を集中したが,その中心は教会堂である。基本はバシリカ式で,大規模な教会堂では9世紀ごろからトランセプトを造り,アプスを延長して内陣を拡大し,しばしば身廊の西端にもアプスを設けた(二重内陣式)。西欧ではすでに5世紀から教会堂に塔を造ったらしいが,9世紀にはトランセプトの中央や端部,内陣の両わきなどに大小の塔を建てた。…

※「二重内陣式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二重内陣式の関連キーワードザンクト・ミハエル聖堂[ヒルデスハイム]カンタベリー大聖堂ナウムブルク大聖堂ウォルムス大聖堂ロマネスク美術トリール大聖堂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android