コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐鉄 いがらし てつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐鉄 いがらし-てつ

1888-1942 大正-昭和時代前期の郷土史研究家。
明治21年生まれ。北海道の小学校教師のかたわら,小樽手宮洞窟の壁面彫刻(古代文字説)や余市町大谷地貝塚を研究した。昭和17年4月死去。55歳。著作に「史跡手宮洞窟の新研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

五十嵐鉄の関連キーワードレジスタンス文学森一生チェーホフガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンWilhelmウィルヘルムプルジェワリスキー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android