コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傍ら/旁/側 カタワラ

デジタル大辞泉の解説

かた‐わら〔‐はら〕【傍ら/×旁/側】

[名]
そば。すぐ近く。「―のいすに腰かける」
(「…のかたわら」の形で)端に寄った所。「道の―にたたずむ」
(接続助詞的に用いて)主となることをする一方。合間に。「学校に通う―家業を手伝う」
側面。物の脇。
「頭ごとに各(おのおの)石松(いはまつ)あり、ふたつの―に山あり」〈神代紀・上〉
[副]あることをする一方では。その合間に。「会社に勤めて、―小説を書く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

傍ら/旁/側の関連キーワード星鴉宮(ほしがらす・みや)さんジョーゼフ・スタンリー ペネルアントン・ディアベッリクルト ラスヴィッツペトルーシ ブロフカ振り仮名・振仮名ボブ マグヌソンチコ アルバレストマス ヘガンダブルスクール上野さち子さん高安 雄二郎高橋 智子マッテゾン吉岡 順作岡田米山人五十嵐 鉄山下 重民大村 徳敏尾高 尚忠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android