傍ら(読み)カタワラ

デジタル大辞泉 「傍ら」の意味・読み・例文・類語

かた‐わら〔‐はら〕【傍ら/×旁/側】

[名]
そば。すぐ近く。「―のいすに腰かける」
(「…のかたわら」の形で)端に寄った所。「道の―にたたずむ」
(接続助詞的に用いて)主となることをする一方合間に。「学校に通う―家業を手伝う」
側面。物の脇。
「頭ごとにおのおの石松いはまつあり、ふたつの―に山あり」〈神代紀・上〉
[副]あることをする一方では。その合間に。「会社に勤めて、―小説を書く」
[類語]1手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先そば近辺付近はた足元手元片脇片方かたえとなり横手横合い手近卑近身辺わき近傍近所最寄り座右左右手回り身の回り近間界隈かいわい近回りそのへん四隣しりん隣組向こう三軒両隣りょうどなりまのあたり目睫もくしょう面前目の前眼前現前目先鼻面はなづら鼻っつら前面正面真ん前手前先方直前ついでにちなみになお念のためついで手ついでがてらかたがた道すがら道中道道みちみち途中途上途次中途行き掛け路次道草通りすがり通り掛かり通り掛け行きずり行き掛かり帰りしな帰りぎわ帰り掛け帰るさ寄り道半ば

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android