著作(読み)チョサク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)書物を書きあらわすこと。また、その書物。著述。「著作に励む」「心血を注いで著作する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
書物などをあらわすこと。また、その書きあらわしたもの。著述。 -集
「著作郎」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 書物を書きあらわすこと。また、その書きあらわしたもの。著述。〔文明本節用集(室町中)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三六「イアゴーはセキスピアの著作(チョサク)せる劇詞中の人なり」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉はしがき「古今の小説家の著作(チョサク)を評して」 〔班固‐答賓戯〕
※田氏家集(892頃)上「菅著作、講漢書。門人会而成礼、各詠史」 〔魏志‐衛覬伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

著作の関連情報