著作(読み)ちょさく(英語表記)work

翻訳|work

図書館情報学用語辞典 第5版「著作」の解説

著作

“個別の知的・芸術的創作の結果,すなわち,知的・芸術的内容を表す実体”(『日本目録規則2018年版』用語解説).情報資源の内容構成やプロットを指す抽象的な書誌的概念で,目録において書誌レコードをグループ化表示する際の基本的な単位となる.一般用語の「作」とは意味が異なる.これまでの目録研究の中で盛んに議論され,その成果が1997年発表のFRBRにおける著作の定義に結実した.FRBRやIFLA LRMは,著作をモデルのとなる4つの実体群の最上位に位置づけ,“個別の知的・芸術的創造”と定義した.著作は,文字等の形式で実現された表現形,物理的な媒体に具体化された体現形を経て,1点1点に例示される個別資料になるとされる.例えば,村上春樹の小説『ノルウェイの森』の場合,作品自体を著作,その英語訳を表現形,その文庫本を体現形,手元にある1冊を個別資料と捉える.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「著作」の解説

ちょ‐さく【著作】

〘名〙
① (━する) 書物を書きあらわすこと。また、その書きあらわしたもの。著述。〔文明本節用集(室町中)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三六「イアゴーはセキスピアの著作(チョサク)せる劇詞中の人なり」
※当書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉はしがき「古今の小説家の著作(チョサク)を評して」 〔班固‐答賓戯〕
※田氏家集(892頃)上「菅著作、講漢書。門人会而成礼、各詠史」 〔魏志‐衛覬伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「著作」の解説

ちょ‐さく【著作】

[名](スル)書物を書きあらわすこと。また、その書物。著述。「著作に励む」「心血を注いで著作する」
[類語]著書著述述作著す著作物原著主著近著新著旧著前著前書単著共著自著典籍古典書物書籍図書書冊冊子書巻しょふみ文献ブック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「著作」の解説

【著作】ちよさく

書を著わす。著述。〔論衡、書解〕作すると爲し、經を世儒と爲す。二儒の世に在る、未だ何(いづ)れを優れりと爲すを知らず。~世儒當時にしと雖も、儒の書に(あ)はざれば、其の跡傳はらず。

字通「著」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android