コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五番立て ゴバンダテ

デジタル大辞泉の解説

ごばん‐だて【五番立て】

能の正式な上演形式で、脇能(神能)・修羅能・鬘(かずら)能・雑能(物狂い能など)・切能(きりのう)(鬼畜能)の順に五番の能およびそれに見合う狂言を上演すること。現在はほとんど行われない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごばんだて【五番立て】

江戸初期に確立した正式な演能の形式。脇能・修羅能・鬘かずら能・雑能(物狂能など)・切能きりのうの順に五番を演じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五番立ての関連情報