コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神能 カミノウ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐のう【神能】

能の分類の一。神をシテとする曲のうち、特に脇能として、正式な番組では初番(「翁(おきな)」の次)に置かれるもの。「高砂(たかさご)」「老松(おいまつ)」など。神物(かみもの)。脇能物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみのう【神能】

能で、神をシテとする曲。「高砂」「老松」など。脇わき能物。神物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神能の関連キーワードベーコン(Francis Bacon、哲学者)メンタルテスト高千穂の夜神楽鹿島(島根県)ブレークダウン神楽(歌舞)ティーデマン善竹 弥五郎ウシンスキー無形文化遺産善竹弥五郎リットル病サーストン益州名画録松江(市)十二座神楽キサース佐太神社意思能力備中神楽

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神能の関連情報