コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇能 わきのう

5件 の用語解説(脇能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脇能
わきのう

能の曲目の分類の一つ。五番立の正式の能の最初に演じられる能。初番目物,神能物ともいう。脇能とは,『』の脇におかれるところからとも,ワキが大臣の姿で儀礼的に登場するからともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わき‐のう【脇能】

《本来「翁(おきな)」の次に演じられ、「翁」の脇の意からいう》能の分類の一。正式の五番立ての演能で、最初に上演される曲。神などをシテとする。神能(かみのう)。脇能物。初番目物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わきのう【脇能】

能の種別名。江戸時代五番立て(一日の番組編成基準に基づく分類法)を正式とした能番組で最初に演じられる能。初番目物ともいう。世阿弥時代は〈脇の猿楽〉と称した。《翁》の脇に据えられることからの名称といい,祝言を内容としている。現行曲は各流とも約40曲。《老松》《白楽天》《放生川》などの〈真ノ序ノ舞物〉,《高砂》《弓八幡》《養老》などの〈神舞物〉,《呉服(くれは)》《右近》《西王母》などの〈女体神舞物〉,《逆矛》《氷室》《賀茂》などの〈舞働物〉,《白鬚(しらひげ)》《道明寺》《大社(おおやしろ)》などの〈楽物(がくもの)〉などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わきのう【脇能】

能の曲目分類の一。神格を持ったものをシテとする、めでたい祝言の能。「高砂」「老松」「白髭しらひげ」「三輪」など。正式な五番立てでは、「翁おきな」に続いて最初に演ぜられるので、初番目物ともいう。神事物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脇能
わきのう

能の種類の一つ。1日の最初に上演される祝福の曲柄。初番目物ともいう。なお、『翁(おきな)』が上演されるときには、それに続いてかならず演じられた。脇能を伴わぬ『翁』の単独演奏が行われるようになったのは、第二次世界大戦後のことである。五番立ての催しがまれで、1日の上演数が減少した現代では、戯曲的な変化に乏しい脇能の出る機会が少なくなっているが、女性を主人公とする幽玄の鬘(かずら)物(三番目物)と並んで、能役者の意識のなかで高い地位を占めていることは揺るがない。現行曲は38曲あり、若い神が凛然(りんぜん)と舞う『高砂(たかさご)』『弓八幡(ゆみやわた)』『養老(ようろう)』、荘重な老いた神の『老松(おいまつ)』『白楽天(はくらくてん)』、エキゾチックな神の『白髭(しらひげ)』『東方朔(とうぼうさく)』、女神の『西王母(せいおうぼ)』『佐保山(さおやま)』、荒ぶる神や竜神などの豪快な『賀茂(かも)』『嵐山(あらしやま)』『竹生島(ちくぶしま)』などがあり、現実の人間をシテとするものに中国の帝王の『鶴亀(つるかめ)(月宮殿(げっきゅうでん))』や神主の『内外詣(うちともうで)』がある。神と鬼の強さの類似性を説いた世阿弥(ぜあみ)は、絶対的な相違として、神は舞を舞うもの、鬼は舞わぬものと規定している。なお、1日の最後に、ワキの登場部分に続いて脇能の後半だけを舞う場合を「祝言能」という。めでたく始まってめでたく終わるというのが、日本の芸能の根本の心であった。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脇能の言及

【高砂】より

…(1)能の曲名。脇能物。神物。…

【鶴亀】より

…(1)能 喜多流は《月宮殿》と称する。脇能物。作者不明。…

【能装束】より


[能の扮装類型]
 能では類似した役柄に共通する,一定の装束の組合せによる扮装類型が決まっている。たとえば脇能の前ジテとして登場する老人の役ならば,《高砂》《難波(なにわ)》《老松(おいまつ)》《養老》《嵐山(あらしやま)》《弓八幡(ゆみやわた)》《絵馬》などに共通して,仮髪は尉髪,面は小尉(こじよう),着付は小格子厚板,袴は白大口,上衣は水衣という扮装類型になる。また,たとえば王妃の役なら,天竺の旋陀夫人(《一角仙人》のツレ)も,唐の楊貴妃(《楊貴妃》のシテ)も,日本の白河院の女御(《恋重荷(こいのおもに)》のツレ)も,みな,かぶり物は天冠,着付は摺箔,袴は大口,上衣は唐織を壺折(つぼおり)(後述)に着るという扮装になる。…

※「脇能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脇能の関連キーワード現在物五番立て五番目物三番目物式能祝言能二番目物番立脇能物初番目物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone