コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井川湖 イカワコ

デジタル大辞泉の解説

いかわ‐こ〔ゐかは‐〕【井川湖】

静岡県中央部、静岡市葵(あおい)区井川にある人造湖大井川上流部をせき止めて造られた。昭和32年(1957)に建設された、日本初の中空重力式発電所である井川五郎ダムの貯水池。周囲約10キロメートル、総貯水量1億5000万立方メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕井川湖(いかわこ)


静岡県北部、大井(おおい)川上流の井川ダムによってできた人造湖。井川ダムは、1957年(昭和32)完成の、中部電力専用の発電用ダムで、日本最初の中空重力式コンクリートダム(堤高103.6m、堤長243m、面積4.2km2。総貯水容量1億5000万m3)。ダム直下にある井川発電所は6万2000kW。ダム湖畔(こはん)まで通じる井川線はダム・発電所の建設資材運搬用に中部電力が敷設し、1954年(昭和29)から同社が運営、1959年(昭和34)に大井川鐵道(株)が引き継ぎ、旅客営業を開始した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

井川湖の関連キーワード南アルプス井川オートキャンプ場リバウェル井川スキー場静岡県静岡市静岡(市)井川発電所井川ダム接阻峡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井川湖の関連情報