大井川(読み)おおいがわ

百科事典マイペディア「大井川」の解説

大井川【おおいがわ】

赤石山脈の白根山の南に発し,静岡県中部を南流して駿河湾に注ぐ川。長さ168km,流域面積1280km2。日本屈指の急流で,上流は深い谷を刻んで曲流。川根本町千頭(せんず)付近で又(すまた)川と合流,島田市付近から扇状地を形成する。上流に畑薙(はたなぎ)ダム,井川ダム,奥泉ダムなどが建設され,各所に人造湖が出現。平安期より渡船4艘が置かれ,中世には《海道記》などに記されている。江戸時代東海道の要衝として幕府が橋や船を禁じたため,旅行者は島田金谷の間を川越人足の肩や,輦台(れんだい)に乗って川を渡った(川越(かわごし))。
→関連項目赤石岳大井川[町]金谷[町]川止川根[町]静岡[県]静岡[市]島田[市]寸又峡中川根[町]農鳥岳藤枝[市]本川根[町]牧ノ原焼津[市]吉田[町]輦台

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大井川」の解説

大井川
おおいがわ

静岡県中部を流れる川。全長 160km。赤石山脈の間ノ岳 (あいのたけ) に発し,静岡市井川地区下流からは駿河遠江の境を南下して駿河湾に注ぐ。上流域では山間地に深い峡谷を刻み,ここに畑薙第1ダム,第2ダム,井川ダムがある。ここを過ぎると川根で,再び接阻峡の深い谷に入り,最大の支流の寸又川と合流する。寸又峡には南アルプスの登山基地の寸又峡温泉がある。中流域の川根地方は河岸段丘が多く,林業や「川根茶」で知られる良質の茶の特産地。下流域の島田と金谷は平地に出る谷口に位置し,江戸時代,東海道難所の一つ,大井川越徒渉の宿場として繁栄した。大井川下流の扇状地にある集落は散村形態として有名。流域には中部電力の発電所が点在する。河口に近い吉田はウナギ養殖の中心地。上流は奥大井県立自然公園に属する。

大井川
おおいがわ

静岡県中部,焼津市南部の旧町域。大井川下流の扇状地に位置する。1955年吉永村,相川村,静浜村の 3村が合体して町制。2008年焼津市に編入水田が多く,集落は散村形態を示している。河口付近では豊富な流水,地下水を利用してウナギ養殖が行なわれるほか,サクラエビの水揚げも盛ん。河口にある大井川港付近には工業団地立地。国の重要無形民俗文化財である藤守の田遊びを伝える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「大井川」の解説

大井川
おおいがわ

駿河・遠江 (とおとうみ) の国境(現静岡県)を流れる川
江戸時代,幕府は軍事的見地から架橋・渡船を禁じたため,川越人足の肩や輦台 (れんだい) に乗って渡河。135㎝以上の増水による川留め(最長記録28日)は旅人を困らせ,東海道随一の難所であった。そのため川の両岸に島田・金谷の宿場町が発達し,島田には代官所が設けられた。初めて架橋されたのは1882(明治15)年である。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「大井川」の解説

おおいがわ【大井川】

静岡・山梨県境の赤石山脈北東部,間(あい)ノ岳(3189m)の南斜面に源を発し,静岡市井川の下流からは駿河・遠江の国境をなしつつ南流し,大井川平野の南西端で駿河湾に注ぐ川。静岡県内に終始する河川としては最も規模が大きく,特に幹川流路延長160kmは日本の河川の中でも上位だが,反面,全流域面積1280km2は長さに比べて著しく狭く,日本でも屈指の急流である。おもな支流には上流から寸又(すまた)川,笹間川,伊久美川,大代川などがあるが,大きな支流は少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android