人造湖(読み)ジンゾウコ

大辞林 第三版の解説

じんぞうこ【人造湖】

発電・灌漑・工業・上水などに利用するため、ダムを築いて人工的に造った湖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんぞう‐こ ジンザウ‥【人造湖】

〘名〙 発電・灌漑(かんがい)・飲料水などに利用するために、人工的につくられた湖。ふつう、川の流れをせき止めてつくる。
※沈める滝(1955)〈三島由紀夫〉八「喜多川はダムの人造湖に流れ入ってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人造湖の関連情報