コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜熱帯ジェット気流 アネッタイジェットキリュウ

デジタル大辞泉の解説

あねったい‐ジェットきりゅう〔‐キリウ〕【亜熱帯ジェット気流】

緯度30度付近で吹く強い西。冬に強まり、南半球では夏は南緯45度付近に移動する。高緯度側で吹く寒帯前線ジェット気流に比べて変動が小さく安定している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の亜熱帯ジェット気流の言及

【ジェット気流】より

…この場合,水平断面図上のジェット気流は,圏界面付近のジェット気流の軸を取り巻く風速の強い領域が下方へ伸びたものである。ジェット気流には亜熱帯ジェット気流Jsと寒帯前線ジェット気流Jpの2種類がある。日々の状態の典型的な場合,圏界面は南から熱帯圏界面,中緯度圏界面,寒帯圏界面に分かれ,各圏界面間にはギャップがあるが,この位置に南からそれぞれ亜熱帯ジェット気流,寒帯前線ジェット気流が存在している(図2)。…

※「亜熱帯ジェット気流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亜熱帯ジェット気流の関連キーワードハドレー循環移動性高気圧ジェット気流亜熱帯前線パルメン圏界面

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亜熱帯ジェット気流の関連情報