変動(読み)へんどう

精選版 日本国語大辞典「変動」の解説

へん‐どう【変動】

〘名〙 状態が動き変わること。また、変え動かすこと。または、事態が大きく変化すること。
文華秀麗集(818)上・七日禁中陪宴詩〈釈仁貞〉「更見鳳声無妓態、風流変動一国春」
史記抄(1477)一八「其画の形は二の陰爻が変じて陽となりて未定ほどに変動したるなりでうちちがへてあるぞ」 〔易‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「変動」の解説

へん‐どう【変動】

[名](スル)事態に動きがあって、変化すること。「激しく変動する社会」
[類語]推移変遷変転流転変移転変移り変わり変化変わる変ずる化する改まる移る移ろう動く変える化ける転化する変質する一変する一転する様変わりする豹変ひょうへんする急変する激変する移行する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「変動」の解説

【変動】へんどう

変化し動く。〔易、辞伝下〕易(えき)の書爲(た)るや、ざくべからず。爲(た)るや(しばしば)り、變動して居(とど)まらず、六して、上下常无(な)く、剛柔相ひ易(かは)り、と爲すべからず。

字通「変」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android