変動(読み)へんどう

精選版 日本国語大辞典「変動」の解説

へん‐どう【変動】

〘名〙 状態が動き変わること。また、変え動かすこと。または、事態が大きく変化すること。
※文華秀麗集(818)上・七日禁中陪宴詩〈釈仁貞〉「更見鳳声無妓態、風流変動一国春」
※史記抄(1477)一八「其画の形は二の陰爻が変じて陽となりて未定ほどに変動したるなりでうちちがへてあるぞ」 〔易経‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「変動」の解説

へん‐どう【変動】

[名](スル)事態に動きがあって、変化すること。「激しく変動する社会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android