コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亡き ナキ

デジタル大辞泉の解説

なき【亡き】

[連体]《形容詞「なし」の連体形から》生きていない。死んだ。亡くなった。「亡き父の形見」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なき【亡き】

〔文語形容詞「亡し」の連体形から〕
死んだ。なくなった。 「 -人」 「 -父母」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

亡きの関連キーワードバッハ:カプリッチョ ホ長調「ヨハン=クリストフ=バッハをたたえて」/piano soloカブレラインファンテ熱いものが込み上げる阿闍世コンプレックス天国にいちばん近い島ビービーカマクバラー修道女アンジェリカ三番町萩原屋の美人建礼門院右京大夫集マッチ売りの少女シャージャハーン夜のやさしい手累―かさね―室積 波那女子供の死の歌北のライオン映画原爆の子目交い・眼間菩提を弔う水谷八重子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亡きの関連情報