形見(読み)カタミ

  • 書名

デジタル大辞泉の解説

死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品、また、遺児。「父の形見の万年筆」
過去を思い出させるもの。記念の品。「旅の形見とする」
[補説]作品名別項。→形見
原題、〈フランス〉Laisビヨン。1456年頃の作。8音綴の8行詩。小遺言書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 死んだ人、または遠く別れた人を思うよすがとなるもの。死後または別後にその人のものとして残されたもの。遺品や遺児。
※万葉(8C後)一五・三七五三「会はむ日の可多美(カタミ)にせよと手弱女(たわやめ)の思ひ乱れて縫へる衣そ」
※竹取(9C末‐10C初)「脱ぎおく衣(きぬ)をかたみと見給へ」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉一四「其犠牲になった無名氏の一人の遺児(カタミ)が」
② 本物の代わりとなるもの。形代(かたしろ)
※播磨風土記(715頃)宍禾「一に云はく、大神、形見と為(し)て、御杖を此の村に植(た)てたまひき」
③ 過ぎ去ったものを思い出す種となるもの。思い出のよすが。記念。なごり。
※古今(905‐914)春上・四六「むめがかを袖にうつしてとどめてば春はすぐともかたみならまし〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形見の関連情報