コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交差汚染 コウサオセン

2件 の用語解説(交差汚染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうさ‐おせん〔カウサヲセン〕【交差汚染】

汚染度の低いものが汚染度の高いものに接触して汚染されること。調理者が生肉と調理済みの食品を同時に扱ったことで料理が汚染されるなど。→ハサップ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうさおせん【交差汚染】

調理済み食品や加工品が,原材料や下処理をした材料と交わって汚染されること。食品製造の過程で,汚染された作業区域と清潔な作業区域の間で人や物の流れが交差することによって起こる場合をいうことが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交差汚染の関連キーワードコンビニエンスフーズ調理屑・調理くずデリカテッセン調理玩具家禽工業集団調理調理釜調理済冷凍食品調理器具シノブフーズ

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交差汚染の関連情報