生肉(読み)セイニク

デジタル大辞泉の解説

せい‐にく【生肉】

食用の、なまの。新な肉。

なま‐にく【生肉】

火を通していない、なまの肉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいにく【生肉】

なまの肉。鮮度の高い肉。

なまにく【生肉】

火を通していない、なまの肉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐にく シャウ‥【生肉】

〘名〙 の通っていないなまの肉。なまにく。また、新鮮な肉。せいにく。
※子孫鑑(1667か)上「幼少なる子共に、いろいろのくゎし・生肉(シャウニク)をたくさんに用(もちゆる)は、よからぬ事也」 〔韓非子‐外儲説右上〕

せい‐にく【生肉】

〘名〙 なまの肉。新鮮な肉。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「あのうナ生肉(セイニク)をナ一斤ばかり持参いたすンで」 〔漢書‐東方朔伝〕

なま‐にく【生肉】

〘名〙 なまのままの肉。煮たり焼いたりなどしていない肉。〔文明本節用集(室町中)〕
※恋人たちの森(1961)〈森茉莉〉「病犬の前に生肉(ナマニク)を振り廻すやうな残酷さを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生肉の関連情報