人妻児ろ(読み)ヒトヅマコロ

デジタル大辞泉の解説

ひとづま‐ころ【人妻児ろ】

《「ころ」は人、特に女性を親しんでいう語》人妻である女性。
「あずの上に駒を繋ぎて危ほかど―を息に我がする」〈・三五三九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとづまころ【人妻児ろ】

〔上代東国方言〕
他人の妻である女性。 「あずの上に駒を繫ぎて危あやほかど-を息いきに我がする(=命ニカケテ思ウ)/万葉集 3539」 → ころ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる