人工着色料(読み)じんこうちゃくしょくりょう

精選版 日本国語大辞典の解説

じんこう‐ちゃくしょくりょう ‥チャクショクレウ【人工着色料】

〘名〙 食品に着色し、見た目をよくするために使われる有色物質。タール系色素カロチン、水溶性アナトーなどが使われている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の人工着色料の言及

【食用色素】より

…食品に色をつけるために用いられる色素。タール系色素のように化学的に合成された人工着色料と天然色素に分けられる。食品の見た目の美しさは,食欲に大きく影響する。…

※「人工着色料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工着色料の関連情報