コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形映画 にんぎょうえいがpuppet film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人形映画
にんぎょうえいが
puppet film

映画の一ジャンル。人間の手や指によって人形を動かすギニョール式,糸で操るマリオネット式など,人形劇をそのまま撮影するものもあるが,現在では人形を1コマずつ動かして撮影する方法が一般的。 1910年フランスの E.コールが作った『まったくかわいいファウスト』 Le tout petit Faustが最も古いものとして有名。第2次世界大戦後のチェコスロバキアでは,J.トルンカの『夏の夜の夢』 Midsummer Night's Dream (1959) ,ヘルミナ・ティルロバの『仲間はずれの人形』 The Misfit (49) などによって,人形映画が盛んになった。日本では 27年の落合浪雄作『弥次喜多再興』があったが,56年の持永只仁演出『ちびくろさんぼのとらたいじ』にいたって初めて国際的な評価を得た。このほかのおもな作品に『明治はるあき』 (68) ,『花折り』 (68) ,『鬼』 (72) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人形映画の関連キーワードゼーマン(Karel Zeman)K. ゼーマン持永 只仁山田 三郎朝鮮映画ダミー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人形映画の関連情報