人形映画(読み)にんぎょうえいが(英語表記)puppet film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人形映画
にんぎょうえいが
puppet film

映画の一ジャンル。人間の手や指によって人形を動かすギニョール式,糸で操るマリオネット式など,人形劇をそのまま撮影するものもあるが,現在では人形を1コマずつ動かして撮影する方法が一般的。 1910年フランスの E.コールが作った『まったくかわいいファウスト』 Le tout petit Faustが最も古いものとして有名。第2次世界大戦後のチェコスロバキアでは,J.トルンカの『夏の夜の夢』 Midsummer Night's Dream (1959) ,ヘルミナ・ティルロバの『仲間はずれの人形』 The Misfit (49) などによって,人形映画が盛んになった。日本では 27年の落合浪雄作『弥次喜多再興』があったが,56年の持永只仁演出『ちびくろさんぼのとらたいじ』にいたって初めて国際的な評価を得た。このほかのおもな作品に『明治はるあき』 (68) ,『花折り』 (68) ,『鬼』 (72) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人形映画の関連情報