今戸橋(読み)いまどばし

精選版 日本国語大辞典の解説

いまど‐ばし【今戸橋】

東京都台東区山谷堀にかかっていた橋。今戸一丁目と浅草七丁目を結ぶ。江戸時代、橋下を遊里吉原通いの猪牙船(ちょきぶね)が往来した。
※歌謡・松の葉(1703)三「まだ見ゆるいまどばし、しし向島崎なごりあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android