コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪牙船 ちょきぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猪牙船
ちょきぶね

(1) 茶船の一種で,船首を鋭くした水切りのよい軽快な小船。普通船頭1人で漕ぎ,江戸では吉原通いの山谷船として有名であるが,その軽便な点を利して小荷運送や磯漁にも使われた。語源は,船首を (いのしし) の牙のように長く突き出しているためであるというが,別の説もあって定かでない。関西では「ちょろ」という。 (2) 江戸時代,瀬戸内海沿岸各地で荷物運送に使われた 10~100石積み程度の廻船。「いさば」とともに近距離の商品輸送に活躍し,関東猪牙船とはまったく性格の違う小廻船で,強いていえば五大力船荷足船 (にたりぶね) の中間的性格のものであった。 (3) 明治以後,大阪,神戸など関西の港湾で主用された大型の瀬取船で,関東の「だんべい」に相当する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

猪牙船【ちょきぶね】

略して猪牙とも。屋根がなく,へさきのとがった細長い軽快な小舟。江戸時代に20石積程度のものを荷舟として使用。船足が速いので隅田川などの交通用にも用い,吉原通いに利用されたため山谷舟とも呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょきぶね【猪牙船】

瀬戸内海を中心に,西は北九州から東は太平洋岸を回って東京湾に至る広い地域に分布していた和船。そのうち瀬戸内海や有明海でいうチョキは50~60石積みの大型運搬船であったが,多くはそうでなく,長さ6~7m,肩幅1.3m程度の,むしろ小型の軽快な船であった。多くはやはり運搬船・漁船として使われていたが,江戸ではこれがもっぱら吉原通いの船として使われていた。チョキとはその形がイノシシの牙に似ているからだというが,別にチャク(舴)の転訛だという説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪牙船
ちょきぶね

江戸の吉原へ通うのに使ったという舳先(へさき)のとがった小形で船足の速い船。長吉という船頭がつくったとか、また長吉が漕(こ)ぎ手として上手であったから「長吉船」のなまりとか、船首が猪牙に似ているからとかの説がある。漁船として古くからあり、しかも伊勢(いせ)以西では同型の船をチョロといい、速いことをいうチョロチョロが語源であるともいうが、江戸の幕府水軍ではチョロと称していた。瀬戸内海では猪牙船とは小回しの廻船(かいせん)の呼称であり、50石積み前後の船体で、関東の「ちょきぶね」とはまったく別のものである。紀州、瀬戸内海、九州などの小回しの海運においては重要な役割を演じていた。[小川 博]
『石井謙治著『図説和船史話』(1983・至誠堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の猪牙船の言及

【船宿】より

…江戸では,浅草御門から柳橋周辺の河岸,日本橋,江戸橋近辺の河岸を中心に,今戸橋,山谷河岸,本所,深川などに散在し,納涼,花見などの船を出すほか,その座敷は男女の密会や,酒宴の場として使われた。さらに,吉原通いに猪牙船(ちよきぶね)を仕立てることが有名なように,船宿では遊客のためのさまざまな便宜をはかり,実際には待合茶屋,出合茶屋としての機能を果たしていた。【玉井 哲雄】。…

※「猪牙船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猪牙船の関連キーワード二挺立て・二挺立ち長吉

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android