今日あって明日ない身(読み)キョウアッテアスナイミ

大辞林 第三版の解説

きょうあってあすないみ【今日あって明日ない身】

人生の無常なことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう【今日】 あって明日(あす)ない身(み)

① 人の命のはかないことのたとえ
狂歌・後撰夷曲集(1672)九「けふあってあすなひ身とは知ながらあさてもさてもなかきたくはへ」
② 死期が迫っていること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる